騙される前にチェック!悪質な外壁塗装業者がよく使う手口とは?

公開日:2022/06/15   最終更新日:2022/06/29

悪質な外壁塗装業者がよく使う手口

外壁塗装を検討したら、最初に迷うのが業者選びでしょう。どの業者に依頼すればよいか分からず、話が進まない人もいるのではないでしょうか。この記事では、悪質な外壁塗装業者の特徴を紹介します。騙されないよう、業者を依頼する前に悪質な業者の手口を確認しましょう。ぜひ参考にしてください。

悪質な外壁塗装業者がよく使う手口

悪質な外壁塗装業者がよく使う手口を5つ紹介します。悪質な業者は共通した手口がありますので、十分注意しましょう。

訪問販売

国民生活センターに寄せられる訪問販売による被害は、年々増加傾向にあります。訪問販売が必ずしも悪質な業者とは限りませんが、トラブルになる場合は多いです。訪問販売は何かと理由をつけて、消費者と接点を持ちたがります。何をいわれても、突然家にきた業者をむやみに信頼するのは控えましょう。

無料点検

「無料で点検させてください」と業者が訪ねてきても、依頼するのは極力避けましょう。無料点検後、劣化を指摘しない業者はほとんどいません。小さな傷さえも、今すぐ塗り替えないと後々大変になる、放っておくと、修理が必要になる、などと大げさに言われる可能性があります。

キャンペーン価格・モニター価格

キャンペーン価格で特別に塗料を無料にします、モニター価格で工事費を安くしますといったセールストークは、要注意です。たとえキャンペーン価格で依頼しても、追加工事やオプションを提案され、結果的に高額な料金を請求されてしまう場合があります。

大幅な値引きを提示

大幅な値引きを提示されたら、悪質な外壁塗装業者と疑いましょう。一般的に、外壁塗装は大幅に値引きをするのは不可能です。外壁の状態を調べたり、適切な塗料を提案したり、専門的な技術が必要となります。相場よりかなり低い料金を提示されたら、依頼を避けましょう。

会社の所在地が不明確

会社の所在地が不明確なら悪質な業者の可能性が高いです。所在地が不明確な場合、会社として存在しているかも怪しいです。また、いつでも立ち退けるよう、所在地をあいまいにしている可能性も考えられます。

詳細な見積もりを出さない

多くの悪質業者は詳細な見積もりを出しません。通常、見積もりは品名や数量、単位や単価といった項目に分けて詳細に書かれるものです。しかし、悪質な業者は一式といった書き方で見積もりを出す傾向があります。一式と書かれていては、何をどれくらい使うのか、単価はいくらか分かりません。本来の金額をごまかし、高額な料金を請求される恐れがあります。

悪質な外壁塗装業者に騙されないためには?

悪質業者かも…?と思っていても、すぐに見極めるのは難しいです。悪質な業者を見抜くポイントを紹介します。

適切な点検方法

外壁塗装をするなら、住宅の状態を細かく点検する必要があります。外壁の劣化具体や住宅の状況から必要な修理を提案し見積もりを出すのが一般的です。そのため、そもそも点検を実施しない業者は論外です。

点検をせずに、正しい見積もりは出せません。しかし、点検をしてもらえればよいわけでもありません。経験や知識が乏しい業者に任せると、正しい診断結果を導き出せない恐れがあります。

また、外壁内部の劣化を見抜けないと、追加工事が必要になる場合もあるでしょう。点検時は業者に任せっぱなしにせず、可能な限り立ち会うのをおすすめします。

立ち会う際は、外壁の表面の劣化のみ診断していないか、目視のみで点検を実施していないか確認しましょう。さらに、建築士や外装に関する資格を持っているスタッフがいる業者に依頼するのもよいでしょう。的確な診断が期待できます。

相場にあった価格

相場とかけ離れた価格設定をしている業者に依頼するのは避けましょう。外壁の劣化具合や使用する塗料によって多少差ありますが、相場からかけ離れた価格を提示する業者は信頼できません。

依頼する業者の価格が相場にあっているか判断するには、外壁塗装にかかる費用相場を知るのも大切です。家の大きさや劣化具合、使用する塗料から相場を算出しましょう。一般的な費用を把握すると、依頼する業者の価格設定が適切かどうか判断できます。

複数社に見積もりを依頼

外壁塗装を検討するなら、複数の業者に見積もりを依頼しましょう。業者を比較せず、即決してしまうのはおすすめしません。外壁塗装の費用は、業者によって違います。同じような工事内容にもかかわらず、数万円以上違う場合もあるでしょう。

1社ずつ見積もりを依頼するのが面倒であれば、一括見積もりサイトを活用するのもおすすめです。一括見積もりを活用すれば、短期間に複数社から見積もりをとれます。1社で判断しないよう心掛けましょう。

信頼性の高い外壁塗装業者を選ぶコツ

信頼できる外壁塗装業者を選ぶなら、セールストークに惑わされないように注意しましょう。悪質な業者はたくみな言葉で契約に結びつけようとします。魅力的な言葉をいわれても決して、信用してはいけません。

また、業者の雰囲気も重要です。最初は人柄がよいと感じても、日に日に態度が変わる業者もいます。信頼できる業者かどうか判断するには、契約前に複数回やり取りするのをおすすめします。

 

外壁塗装は専門的な知識が必要のため、素人では明確な判断基準が分かりません。そのため、悪質な業者に騙されてしまう人は後を絶ちません。しかし、ある程度悪質な業者の手口を知っていると、騙されにくくなります。外壁塗装を検討する際は、今回紹介した悪質な業者の手口を参考に、悪い業者に騙されないよう注意しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

家のメンテナンスの中でも欠かせない外壁塗装。定期的に外壁塗装をすることで、より長く、大切な家に暮らせます。しかしそんな外壁塗装を施工するとき、トラブルが起きることも珍しくありません。この記事

続きを読む

外壁塗装を検討したら、最初に迷うのが業者選びでしょう。どの業者に依頼すればよいか分からず、話が進まない人もいるのではないでしょうか。この記事では、悪質な外壁塗装業者の特徴を紹介します。騙され

続きを読む

マイホームを購入して数年経つと、外壁の劣化が気になる人も多いでしょう。しかし、業者選びに迷ったり費用が高額だったりして、塗装工事をためらう人もいるのではないでしょうか。この記事では、外壁塗装

続きを読む

外壁塗装にかかる費用は決して安くありません。外壁の劣化具合が気になっていても、費用面が気になって業者に依頼できない人もいるでしょう。この記事では、外壁塗装にかかる費用を安く抑えるテクニックに

続きを読む

外壁塗装工事を考えた時、まず業者に見積りを依頼しますよね。この見積りを出してもらうのに、現地調査が必要なことを知っているでしょうか。この過程を経なければ、正しい見積りは出ないものと考えてよい

続きを読む

外壁塗装は、一般的に10年に1回すればよいといわれています。つまり、10年は同じ壁を見て過ごさなければいけないわけで、色選びには確かに悩んでしまいます。どのような選び方をすれば、向こう10年

続きを読む

クーリング・オフと聞いてイメージしがちなのは、無理やり買わされた物を返品するというケースかもしれません。しかし、クーリング・オフは外壁塗装にも制度は適用されるのです。自分に不利な契約をしてし

続きを読む

外装塗装業者に限らず、なんでも価格を比較するのは当たり前のことです。ただ、安いという理由だけで飛びついてしまうと、比例して工事のクオリティも低いことがままあります。どうして外壁塗装は、価格だ

続きを読む

外壁塗装を依頼する際、屋根・外壁の他に付帯部という箇所があります。簡単にいえば、屋根や外壁以外の部位を指していて、雨どいやひさし、軒天、鼻隠し、破風板などを指しています。実はこの付帯部の色、

続きを読む

外壁&屋根塗装の見積もりを出してもらうと、工事部分として一緒に記載されることの多い付帯部。「付帯部って何?」「そもそも本当に工事が必要なの?」と疑問を持つ方も多いかもしれません。この記事では

続きを読む