色選びで失敗したくない方必見!最適な塗料の選び方とは

公開日:2022/02/15   最終更新日:2022/02/18


外壁塗装は、一般的に10年に1回すればよいといわれています。つまり、10年は同じ壁を見て過ごさなければいけないわけで、色選びには確かに悩んでしまいます。どのような選び方をすれば、向こう10年後悔のない外壁となるでしょうか。各塗料の特性についてもあわせて、勉強していきましょう。

色が与えるイメージを理解しよう

それぞれの色が持つイメージが異なっていることは、生活を送る上でもよく感じることかと思います。冷たいものの表示には青色が使われていたり、反対に温かいものには赤色が使われていたりしますよね。

外装の塗料についても、同じことがいえます。色を変えるだけで、その家のイメージはガラッと変化します。黒色の外壁の家と、白色の外壁の家を想像してみてください。それぞれどのような印象を持つでしょうか。

黒の方は、シックで落ち着いていて、どちらかというと高級なイメージを生みます。白の方は、軽やかで爽やかな印象で、清潔感を連想させないでしょうか。このように、外壁の色だけでもお家の印象は大きく変わります。

それでは、他の色が生み出すイメージについても見ていきましょう。黒と白の中間を取って灰色を選べば、落ち着いていながら、現代的な雰囲気を出すことができます。茶色も灰色と同じで落ち着いていて、木を連想させるからか、温かみやナチュラルさが持ち味となります。爽やかなイメージにしたいのであれば、青系がおすすめです。

なるべく暗めの青色を選ぶと、周りの家とも馴染みやすくなるので、参考にしてみてください。これら以外にも外壁によい色はたくさんありますので、ぜひ自分の気に入る色を探してみてください。

汚れにくさや色あせなどの問題も考えよう

とはいっても、好みのイメージ以外にも色選びの理由があるというのをご存知でしょうか。実は色によって外壁の状態を保ちやすいか保ちにくいか、変わってくるのです。布などでもそうですが、汚れが目立ちやすい色というのはありますよね。

それと同じで、外壁も汚れが目立つ色・目立たない色が存在するので、お掃除があまり得意でない方には、目立たない外壁の色をおすすめします。たとえば、灰色やベージュ、クリーム色は汚れがわかりにくくなっています。というのも、土埃や黄砂といった、外壁につく主な汚れは、これらの色に非常に近いからなのです。

反対に汚れが目立ちやすいのは、白色や黒色です。とくに水辺の近くや、車道沿いにお家がある場合、すぐに汚れてしまうので、こういった点もよく検討しましょう。

汚れにくさ以外にも、色あせの問題もあります。あまり知られていませんが、鮮やかな色は色あせのスピードが早いのです。塗料には有機顔料と無機顔料という2種類があり、鮮やかで原色に近い色には有機顔料が多く使われています。この有機顔料が、紫外線に弱い塗料なのです。そのため、色の違いが色あせのスピードの違いにも現れてくるというわけです。色あせによる外観変化をなるべく避けたいという方は、落ち着いた色を選ぶとよいですよ。

外壁の色は室温にも影響する

これまでは、見た目の合理性についてお話をしてきました。ところが驚くことに、外壁の色は住みやすさにも影響を及ぼしているのです。日差しが強い日に黒い服を着れば、どんどん暑さを感じてきますよね。

このように熱を吸収する色があるわけですが、外壁でも同じことが起きます。黒を代表とする暗めの色は、熱を吸収して、外壁の温度を上げます。それが室内にまで伝わっていき、家の中の温度も上昇させるということです。家がどんな構造を取っているかにもよりますし、遮熱性のある顔料も存在しますが、なるべく涼しい家づくりを目指したいという方は、明度の高い白色系統の色を選ばれるとよいでしょう。

一色で統一する場合の注意点

最後に色の組み合わせに関するお話をします。色選びには自信がないという方、無難な色一色で揃えておけばハズレはなさそうですよね。屋根、付帯部と外壁の合わせ方については問題なさそうですが、ただ一つだけ注意点があります。

それは、アルミを使っている部分は色を選ぶことができないという点です。窓枠や玄関がそれにあたります。基本的には白か黒、ブロンズの3種類が使われているので、そこをチェックしておく必要があります。アルミ部分とぶつからないような色、同系色でまとめてあげるときれいに見えます。

ただ、あえて反対色を合わせるのもおすすめです。たとえば白と黒を合わせると、違いがはっきり見えて、一歩進んだおしゃれな雰囲気を作り出すことができます。ただ、あまりに対照的な色を選んでしまうと、かなり独特な外壁になってしまうこともあります。他のお家を参考にしながら、色の組み合わせを選ぶのがおすすめです。

 

外壁の色選びは、デザインの観点だけでなく、家を維持するという観点でも、重要であることが分かりましたね。その家の周りとの兼ね合いを見て決めるという方もいますし、虫を寄せ付けないかどうかで決める方もいます。それぞれの感覚、利便性を基準にして、色を選んでみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

家のメンテナンスの中でも欠かせない外壁塗装。定期的に外壁塗装をすることで、より長く、大切な家に暮らせます。しかしそんな外壁塗装を施工するとき、トラブルが起きることも珍しくありません。この記事

続きを読む

外壁塗装を検討したら、最初に迷うのが業者選びでしょう。どの業者に依頼すればよいか分からず、話が進まない人もいるのではないでしょうか。この記事では、悪質な外壁塗装業者の特徴を紹介します。騙され

続きを読む

マイホームを購入して数年経つと、外壁の劣化が気になる人も多いでしょう。しかし、業者選びに迷ったり費用が高額だったりして、塗装工事をためらう人もいるのではないでしょうか。この記事では、外壁塗装

続きを読む

外壁塗装にかかる費用は決して安くありません。外壁の劣化具合が気になっていても、費用面が気になって業者に依頼できない人もいるでしょう。この記事では、外壁塗装にかかる費用を安く抑えるテクニックに

続きを読む

外壁塗装工事を考えた時、まず業者に見積りを依頼しますよね。この見積りを出してもらうのに、現地調査が必要なことを知っているでしょうか。この過程を経なければ、正しい見積りは出ないものと考えてよい

続きを読む

外壁塗装は、一般的に10年に1回すればよいといわれています。つまり、10年は同じ壁を見て過ごさなければいけないわけで、色選びには確かに悩んでしまいます。どのような選び方をすれば、向こう10年

続きを読む

クーリング・オフと聞いてイメージしがちなのは、無理やり買わされた物を返品するというケースかもしれません。しかし、クーリング・オフは外壁塗装にも制度は適用されるのです。自分に不利な契約をしてし

続きを読む

外装塗装業者に限らず、なんでも価格を比較するのは当たり前のことです。ただ、安いという理由だけで飛びついてしまうと、比例して工事のクオリティも低いことがままあります。どうして外壁塗装は、価格だ

続きを読む

外壁塗装を依頼する際、屋根・外壁の他に付帯部という箇所があります。簡単にいえば、屋根や外壁以外の部位を指していて、雨どいやひさし、軒天、鼻隠し、破風板などを指しています。実はこの付帯部の色、

続きを読む

外壁&屋根塗装の見積もりを出してもらうと、工事部分として一緒に記載されることの多い付帯部。「付帯部って何?」「そもそも本当に工事が必要なの?」と疑問を持つ方も多いかもしれません。この記事では

続きを読む